RUN NEXT データ取得

JINS MEME RUN NEXT APPイベント取得

JINS MEME RUN NEXTのイベントデータを取得するAPIです。

エンドポイント

GET https://apis.jins.com/meme/v1/users/me/run/events

リクエストヘッダ

名称説明
AcceptString利用可能なアプリケーション・メディアタイプ。
許可された値: “application/json”
AuthorizationStringOAuthのBearerトークン。
許可された値: “Bearer {access_token}”

クエリパラメータ

名称説明
typeStringイベント種別。”computed_data2”を指定してください。
id オプションStringイベントID。カンマ区切りで複数指定できます。このパラメータが指定された場合、limit,cursorは無視されます。
measured_from オプションString検索対象範囲指定の開始日時(RFC3339形式)。日付書式内のTZDでタイムゾーンを指定できます。
検索対象範囲の指定は最大1日まで(23時間59分59秒後まで)です。
このパラメータが指定された場合、計測開始日時の降順でレスポンスが返却されます。
このパラメータが指定された場合、最大取得件数は20となります。

※計測開始日時(measured_at) が登録されていないデータは抽出対象外となります
許可された値: “日付書式: YYYY-MM-DDThh:mm:ssTZD”
measured_to オプションString検索対象範囲指定の開始日時(RFC3339形式)。日付書式内のTZDでタイムゾーンを指定できます。
検索対象範囲の指定は最大1日まで(23時間59分59秒後まで)です。
このパラメータが指定された場合、計測開始日時の降順でレスポンスが返却されます。
このパラメータが指定された場合、最大取得件数は20となります。

※計測開始日時(measured_at) が登録されていないデータは抽出対象外となります
許可された値: “日付書式: YYYY-MM-DDThh:mm:ssTZD”
limit オプションNumber最大取得件数。
デフォルト値: 20
値の範囲: 1-120
cursor オプションString取得開始位置。レスポンスで返却されたcursorを指定してください。
※cursor指定時は前回のリクエストと同様のパラメータを指定してください。パラメータを変更した場合、正常な結果が取得できない可能性があります
fields オプションStringレスポンスで返却するフィールド。カンマ区切りで複数指定できます。
許可された値: “id”, “updated_at”, “json_data”, “data_file_url”, “created_at”
sort オプションString取得結果のソート順のフィールド。指定したフィールドの降順でレスポンスが返却されます。
デフォルト値: “updated_at”
許可された値: “updated_at”, “created_at”

リクエストの例

curl -i -X GET "https://apis.jins.com/meme/v1/users/me/run/events?type=computed_data2&id=1%2C2%2C3&limit=50&cursor=%7B%22a%22%3A1%2C%22b%22%3A2%2C%22c%22%3A3%7D&fields=id" \
-H "Accept:application/json" \
-H "Authorization:Bearer d0eac37f1f8c36a3f1391faad5158a414ba244a298b20371fdc94eeda7cbe608"

レスポンスボディ

名称説明
eventsArrayイベントの配列。
 idStringイベントID。
 typeStringイベント種別。
 json_dataObjectJSON形式のイベントデータ。(最大800KB)
 data_file_urlStringイベントデータをgzipで圧縮したファイル(拡張子 .gz、解凍後のファイルサイズ最大95MB)のURL。プロトコルはHTTPS。URLの有効期限は7日間です。有効期限を過ぎたURLにはアクセスできなくなるため、再度アクセスする場合は再取得する必要があります。
 created_atString作成日時。
RFC3339形式(e.g. 2015-01-01T00:00:00Z)、タイムゾーンはUTCで返却します。
 updated_atString更新日時。
RFC3339形式(e.g. 2015-01-01T00:00:00Z)、タイムゾーンはUTCで返却します。
 measured_atString計測開始日時(RFC3339形式)。
Query Parameterのmeasured_from、measured_toで指定したタイムゾーンで返却します(デフォルトはUTC)。
値が登録されていない場合、当フィールドは返却しません。
cursorString次のレコードがある場合の取得開始位置。

レスポンスボディの例

{
  "events": [
    {
      "id":"D07FC6C3-2F98-DEE4-B04B-9206567CC1E6",
      "type":"calculation_data",
      "json_data":{},
      "data_file_url": "https://meme-api-example.jins.com/appEvents/8b706853a49f3bed29972b9659edf687de05ddae/2015/12/appEvents-run-0001-20151210T150000Z.json.gz?X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256&X-Amz-Credential=AKIAIDLBKTI3T7A4X24Q%2F20150903%2Fap-northeast-1%2Fs3%2Faws4_request&X-Amz-Date=20150903T114726Z&X-Amz-Expires=604800&X-Amz-SignedHeaders=host&X-Amz-Signature=ab3577e850ded50115d2df7120e7da0e4815616713236de129dd33577da90b6f",
      "created_at": "2015-01-01T00:00:00Z",
      "updated_at": "2015-01-01T00:00:00Z",
      "measured_at": "2017-12-05T06:03:58+09:00"
    },
    ...
  ],
  "cursor": "eyJhIjoxLCJiIjoyLCJjIjozfQ=="
}