Slack連携(ベータ)

簡単な設定でJINS MEMEデータを利用したSlackサービスのDnD(通知の停止)・ステータス変更の自動制御が実施できます。

提供される連携機能

DnD(Don’t disturb, 通知の停止機能)の自動オン

JINS MEMEで測定した没入度のデータから、没入度 >= 60(加重平均係数 0.7)の時に自動的にDnDをオンにし、Slackからの通知を2分間止めます(没入度 >= 60の状態が続いている時は通知が止まり続けます)。

ステータスの自動反映

JINS MEMEで測定した情報を利用し、ステータスアイコンを2分おきに以下のように自動で変更します。

条件(上から優先されます)絵文字
安定度 >= 80 AND 没入 >= 60
安定度 >= 80 AND 没入 < 60🙂
安定度 < 80 AND 没入 >= 60😳
テンション >= 60🤯
低覚醒 >= 60😪
上記以外の場合👓

また、ステータスコメントに F34 C64 T42 S14 のように没入・安定度・テンション・低覚醒の順番で値がセットされます。

設定方法

Slackにログインしているブラウザから、JINS アカウントにログインし、以下の操作を実施してください。

「Slack 通知設定」の「設定する」を選択

slack_start_setting

情報を入力して「Allow」をタップし連携を完了

slack_finish_setting

ログインしていない場合、もしくは接続したいワークスペースが異なる場合は画面上部のセレクタから「Add another workspace」を選択して、連携したいワークスペースの必要な情報の入力してください。

※現在、「Slackはこのアプリをまだ検証あるいは承認していません。」という注意文が表示されます。こちらは対応中になりますが、本アプリの動作に影響はありません。

※Slack APIの制約上、ユーザー数が多いと変更が反映されなくなる可能性があります。詳しくは Slack の Rate Limits のドキュメントをご覧ください。

プライバシーポリシー

日本語版